超音波は、ホントに骨折に効果があるのか?


これをテーマにモニターを集い、その方にありのままをレポートして頂くこの企画。



先日、ご紹介した選手権出場選手が骨折していた方のお父さまがレポートです。


お父さまの生々しいレポートをご覧ください。

状況の確認ですが、

ご家族は、兵庫県にお住まい。

息子くんは、サッカー留学で北陸の高校へ寮生活を送っている状況です。

息子くんの高校は県で優勝、選手権出場を果たしました。

その後からのストーリーとなります。



選手権終了後から自宅へ帰省

選手権が終わり、約一年半ぶりに自宅へ帰ってきました。

滞在は1月3日までで、

選手権前に負傷したところの腫れを初めて確認しました。

また、この時、普通に生活も出来ており、選手権の時は痛み止めを飲んでいたようですが、実家に帰って来ても普通にサッカーの自主練をしていたので折れているとは本人も含め、周りの誰一人、思いもしていませんでした。


選手権前からの怪我だったようですが、下手にレントゲンなど撮って、骨折などしていたら、休まざるを得ないですものね。

薬を飲みながら、気合いで乗り切ったのでしょう。


続きをご覧ください。


新チームスタート!でも治らない


高校へ戻り、新チームでの活動が始まり、1月22日からジャパンユースプーマサッカーリーグへ参加することが決まったのですが、まだ治らないことに焦り出したようで、

病院を受診する事になりました。

1月18日に整形外科を受診し、レントゲン撮影をしましたが、骨折の疑いがあるが、レントゲンだけで、骨折していると判断できないと診断されたようです。

サッカー出来てるなら、2ヶ月後にレントゲンを撮影し、判断しましょうと言われたようです。この病院にはCTはありませんでした。1月19日にセカンドオピニオンで別の病院にてCT撮影を行い、骨折と診断されました。


その診断を受けた骨折がこのようになっていたということです。


今回のサッカー選手権くんの事情を簡潔にまとめると、

①12月練習中に踏まれ、小指を負傷。

②かなり痛かったけど、選手権近いので、気合いで行く。

③選手権も痛み止め飲んで、気合いで行く。

④選手権後、自宅に帰って、腫れを確認、痛みもまだある。

⑤新チームスタートも、痛み引かず精密検査で骨折だった。


〜モニター採用の経緯〜

サッカーの選手権に出場するくらいのエリート選手が骨折をしていたのと、骨折の度合いが非常に悪かったので、題材として非常に興味深かったので採用させて頂きました。

そして、お父さまの対応も丁寧で協力的な方だったので、即採用でした^^



しかし


今回のケースは、はっきり言って、非常に難しいケースです。

骨折を治していくのに、必要なのが、もちろん超音波を当てることは言うまでもありません。

しかし、

まず持って、

安静、安定の状況を作ってあげることが最優先となります。

この環境下で、はじめて骨が再生モードに入っていきます。

詳細については、次回に述べさせてもらいます。


乞うご期待。