骨折 .com の清水です。


先日、ご紹介した

米軍人ジェームス(仮)

本日も治療に来てくれました。


でも、とんでもなく、驚いたことがあったんです。

一般的に鎖骨や、腕の骨折などをすると、

こういった三角巾をします。

一般の方は、これずっとこれしてるの辛いですよね。

肩も凝ってくるし、動かしたくなるし、

でも、これをすることで、腕の自体の重さの軽減を図ることで、骨折部に無理な負担をかけないようにする効果があったり、


関節も動かさないようになるので、これも負荷の軽減にもなります。


結果として、骨折の治癒の促進を図ることにつながります。


しかし、


ジェームス、あんな鎖骨骨折してるのに、

↓こんなですよ。

それなのに


三角巾しないで普通に来たんです。


ちょっとちょっと、

すかさず、聞きますよ、当然。

「三角巾は?どうしたの?」


「うん、ちょっと今日はいろいろやることがあって、外してたんだ、それと医者も辛かったら外してもいいっていうからさ、外したんだ。」


喝っ!!

喝っ

喝っ


喝もんです。これは!!


「いやいやいや、その選択肢はないよ。だって、これこれこーで」

ということで、説明しました。


そうなんです。アメリカ、適当なんですよ。骨折に関しても。

ましてや医者までもそんな指示するなんて〜。


そのくらい、骨折したらいかに安定、安静を保つかというのが骨折を早く治す上で大切な要素の1つとなってきます。


皆さんも、ご不明な点などがありましたら、お気軽にご相談ください。