以前からご紹介している、受験前に学校でサッカー中に肘の骨折をしてしまった中3男子。


その後の速報が入ってきましたので、リアルにご報告いたします。


前回は、リハビリに来てくれました。

自力で関節も伸ばせるようになったと。

そんなご報告などもさせてもらいました。


だいぶ、動きも回復していましたし、骨折だった箇所を押しても痛みがない。


骨はもう付いたかな〜?

恐らく、付いただろう。


そう思ってました。


昨日がちょうど3週間。

レントゲンチェックして来たそうです。

お母様からご報告がありました。


付いたのか、

付いてないのか


情報を偽ることなく、お伝えします。

結果、

まだ付いていない状況でした。

しかし、だいぶ改善が見られているのも事実です。

ご興味ある方は、ズームしてご覧ください。

右側が2/8 発症日のものです。

左が2/28日。


右側の受傷当日は、②の斜めのラインが確認できました。

昨日の方は、②の斜めのラインはほぼ消失しております。

昨日の方は、①の矢印の箇所に2箇所ほど僅かな刻みがあるのを確認できますでしょうか?


恐らく、このところの関係なんでしょうね。

先週月曜私がみた感じでは、もうそろそろいいんだろうなーって思いましたが、もうちょいのところでした。


固定期間が伸びたそうです。


個人的な見解を申しますと、

肘の骨折は固定期間が伸びすぎると、リハビリがとても大変になるので、ここまで良くなったのであれば、リハビリもやって行った方が良いとは思います。


固定は、包帯程度の軽度の固定にしてもいいと思います。