若い女性の方から、骨折治療についての問い合わせがありました。


その方は、第5中足骨を骨折。

プロのダンサーの方で、

治療は、ダンサー御用達の治療院で治療を受けているのだそうです。


今回は、その骨折の治療についてです。



その方とお話ししていると、不思議なことに気づいたんです。

私の方から、どんな治療をしているのか?

など簡単な問診をしていきます。


すると、


「テーピングで骨折を固定している。」

(写真はイメージ)


「松葉杖は使ってない。」

「テーピングは、週に2回変えている。」


「いやいやいや、それあかーん。」


まず、中足骨をテーピングで固定するなんてないに等しいです。

ほぼ完治してて、スポーツなどする際に補強用としてテーピングすることはあるかもしれません。


百歩譲って、

もしテーピングで固定するなら、

免荷のために松葉杖なども必要になってくるでしょう。

その松葉杖も使ってないとおっしゃるのです。


あと、テーピングでだいたいスポーツなどでも競技の直前につけて、プレーやゲームが終わったら外すものです。



糊によって、皮膚がタダれる恐れもありますし、

よろしくないですよね。


その方は、テーピングをしているため、治療が出来ないとおっしゃるのです。



恐らく、テーピングは外さないようにと、

言われているんでしょうね。


ですが、

松葉杖を使わず、歩いてしまっている時点で

かなりのストレスが加わってしまうため、

非常に良くないです。


にも関わらず、

テーピングをしっぱなしの為、

超音波治療も出来ない


これでは、治るものもなかなか治らなくなってしまいます。


皆さんはいかがですか?

超音波治療するのはもちろんですが、それ以前に骨が治る環境が整っていないと、時間かかります。


もし不安な方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。