はい、ここで最近レンタルの多い場所についてお知らせします。


最近、もっともレンタルの多い骨折の場所とは?


中高生アスリートに多発する

腰椎分離症です。


分離症をざっくり説明させて頂くと、

背骨の構造ってざっくり分けると、

2つに分かれてて、



上半分の部分、椎体と呼ばれる部分、

そして、下半分の中央に黒い三角形をを覆い囲うように

椎弓とよばれる部分に分かれます。


下の図は、左斜め上から見ています。

右側の突起が背中側です。背中を摩ると、ボコボコしてるのが、一番右側の突起の部分です。


上下の連結はどうなっているのか?


写真はやはり左側から見ているものです。

黄緑色の線の部分が

分離症で多発する部分です。



実際のMRI画像は以下のようになります。

はっきり横に線が入っていますよね?

その椎弓と呼ばれる部分の骨折になります。


筋肉との関係も確認しよう。


背骨の筋肉は特に何層にも上に被さるような形のレイヤー構造になっています。

最深部の筋肉はこのように1つ1つは小さい筋肉ですが、1つずつの背骨を支えるような構造をしています。

その上には、こんな形の筋肉がさらに覆い被さります。


超音波は効くのか?

超音波と分離症との相性は抜群で今まで50症例ほど分離症を治療しています。


出力は60で30分を2回。

これが治療の上限となります。

これをひたすら続けてもらいます。


骨折の箇所以外も痛いけどこれは何?

非常に良くある質問です。

背骨には筋肉がレイヤー構造になっていて、深部に行くにつれて、小さな筋肉が背骨と背骨をつなぐように張り巡らされています。


分離症になって、ある程度回復してくると、


それらの筋肉が硬くなって、痛みとなって出てきたりします。


硬くなって筋肉にには、超音波を当てるとさらに筋肉が柔らかくなるので、効果抜群です。


今回は、特別に

治療用の超音波のレンタルも行なっております。

骨折用より、

✅強い出力

✅硬くなった深部の筋肉を強力に解す!

使い方は、簡単。


①ジェルをつける。

②電源を長押し。


③スタートボタンを押して、治療スタート


今なら限定でオーダーすることも可能です。

申し込みフォームから最短3日からレンタルが可能です。

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。