実際にあったお話しです。


4月の上旬、中国地方にお住まいのお母さまから1本のお電話がありました。

母:「柔道をしている高校生の息子がいるのですが、骨折してしまい、超音波も検討しているのですが、、、」


超音波:「どこを骨折したのでしょうか?」


母:「足首なんです。」


あちゃ〜。

過去に何度も足首のサポートをさせてもらっている身として、

現役の学生選手が足首周りの骨折をしてしまうということは、

競技引退をも意味します。


はっきり言って、それくらい難しい骨折なんです。

私はまっさきに足首の骨折と言ったら、

以前にサポートさせてもらった10代の腓骨下端骨折の彼をイメージしました。

恐る恐る

「腫れとか、内出血とかすごくないですか?」


と問いかけます。

すると、

「全く腫れてないんですよね。痛みもあまり言わないんです。」


と、お母さまから思いがけない答えが返ってきました。


もう1つだけ質問させてもらいました。

「ギブスとかしてます?」


医者は、足首周りの骨折だと、ギブスをしたがります。

心の中で、

「ギブスしてるな、ギブスしてるな」

そう心で強く語りかけながら、聞きました。


すると、

「ギブスはしてません。シーネと包帯で固定してます。」


超音波「ヨッシャーーーー」



ギブスをしていないということは、

超音波治療が出来るということ。

それは、つまりもっと早く治る見込みがあるということ。


まずは治療が出来る条件が整っているだけでも、高校最後の大会に出場できる可能性が残っているということです。


超音波「その状況でしたら、治療が出来るのでぜひオススメします。何もしないより少しでも可能性があるのであれば、超音波にかけた方がいいと思います。」


超音波治療スタート!

僅かな可能性にかけて超音波治療がスタートしました。

またお母さまには、レントゲン写真も病院に行った際に取れるようであれば、撮って送ってください。

ということもお伝えしました。



実際の写真がこちら。

左足の脛骨と呼ばれる骨が斜めに骨折していますよね。

はっきりした線が入っているので確認できます。


分かりやすぎる!3D映像図


この方の通われていた病院のサービスは素晴らしいなと実感させられました。

今まで、こんな3D映像図を患者さんに渡している病院など近くはもちろん、見たことも聞いたこともありませんでした。


これを見ることで、より立体的に骨折部をイメージすることが可能となります。


腫れはどうなのか?

不幸中の幸とは、このことなのでしょうか?

あんなはっきりした骨折なのに、

腫れもない、

内出血もない、

あるのは痛みだけでした。



横から見ても、腫れがほとんどありません。


腫れがあるとどうなってしまうのか?

骨折をすると、骨や周辺組織から

大量の出血が出ます。それによって、内出血が起こったりします。


特に足首周りの骨折の場合、この腫れがのちのち厄介な存在となります。

足を付けないほどの痛み、

押した時の激痛、

関節の可動域の低下及び、拘縮。


となってしまいます。


幸い彼のケースは、腫れがほとんどないパターンでしたので、

あとは、骨の回復に専念してもらいました。



お母さまから来たメールが奇跡すぎる?!

実際に届いたメールです。

一時期は、出場も危ぶまれた高校最後の試合で、

出場するだけでも凄いのに

優勝、そしてインターハイまで決めてしまったのですから、

まさに奇跡のストーリーです。


私どもとしましても、微力ではありましたが、お手伝いが出来たことを誇りに思います。


足首周りは4週間は最低ラインか?


骨折からの超音波治療、そして県大会優勝、そしてインターハイへ


という奇跡的な回復を遂げた例をご紹介しましたが、

地道な努力があってこその賜物です。


毎日超音波治療をしっかり行って頂きましたし、

私どもとも緊密に連絡を取り合い、細かい指示などもさせて頂きました。

ご家族の協力、そして怪我でも諦めず、コツコツと努力をしたからだと思います。

足回りの骨折は、非常に血流も悪いので治りが遅いです。

10代の選手でも最低1ヶ月半から2ヶ月、

3ヶ月を超えることもザラです。


骨折 .com には経験豊富な骨折専門スタッフが治療のやり方は、もちろん、リハビリの進め方まで詳しく対応させて頂きます。


骨折をしてしまったけど、

「どうしよう。」

お困りの方はお気軽にご相談ください。