フと油断した瞬間、


ギクッ!


そしたら、上の写真のようになってしまいました。


診断は、左足末節骨骨折

内側に斜めに線があるのが確認できます。


内出血は少し


動画では、、左足親指の末端が腫れて、右足で見られる腱などが浮き上がってないのが確認できます。


治療はこういった感じです。

レントゲン上で確認された患部に直接当てて、超音波治療を行っていきます。


固定もしっかり行います。

大切なのは、骨折部に安定した環境を作ること。

固定もしっかり行うことで、患部へストレスが加わりにくくなり、快方へ向かっていきます。


いかがでしたか?

足回りの骨折は、

正直、時間かかります。

痛みが引くだけでもかなり骨折の症状は緩和されるものです。



超音波治療で早期の回復を目指しましょう。